【あおり運転】問題視すべき「根本的な問題」と「あおり運転予備軍」

非常識人間

ニュースなどで目にする、明らかなあおり運転。
問題視するべき点は、他にもある。

あおり運転とされない、あおり運転。
容易に取得できる運転免許証。
他人に絡むことが許されている時代。


あおり運転とされないあおり運転

ある日、見かけた光景。

男性が、横断歩道ではない道路を渡る。
そこへ、車が走ってくる。
車はスピードを落とさず、歩行者にギリギリまで距離を詰めて、歩行者をよける。
僕はその車の男の顔を見た。
「おい、コラ!」と言わんばかりの顔で、ガンを飛ばしていた。
一種のあおり運転である。

歩行者も悪いわけだが、そこまで距離を詰める必要はあったのか。

取り締まられるような、あおり運転ではない。
だから、やっていいのか。
僕は、問題だと考えている。
歩行者への煽り行為も多いのだ。

横断歩道を渡っていても

青信号の時に、横断歩道を渡っていても、「早く行け」と言わんばかりに、歩行者との距離を詰めるドライバーがいる。
二度だけだが、経験がある。
スピードを落とさずに横断歩道に突っ込んできた車と、ギリギリまで距離を詰められた車に遭遇した。
どちらも、轢かれると思ったほど。

警察は、こういうのも取り締まるべきなんじゃないの?
危険な運転してる輩が、あまりにも多すぎる。

一種の煽りなんですよ、こういうの。
あおり運転ですよ。
危険運転ですよ。
相手が歩行者の。
こんな危険運転を放っておいていいのか。

あおり運転予備軍

あおり運転予備軍と言ってもいいだろう。
取り締まられない程度の、煽り行為をしているのだから。
何より、危険であることは、何も変わらない。

こういう連中は、ずる賢いところがあったりする。
悪いことばかりに、頭使ってるんです。
取り締まられない、ぎりぎりのところの煽りをやってる連中もいるのでは。
先ほど紹介したような、カッとなって、ガン飛ばすような人間は予備軍。

強くカッとすることがあれば、やらかしますよ、連中は。
顔にそう書いてある。

大人?なら取得できる運転免許証

あおり運転を“やる、やらない”以前に、問題あると僕は考える。
それは、運転への適性である。
上手い下手ではない。

すぐにカっとなるような人間には、免許を持たせるべきではない。
適性検査のようなものが必要なのではないか。

誰でも、運転免許を取得できてしまうのもおかしい。
年齢制限を設けてるけど、あおり運転するような輩は、頭の中、イキった中高生ですよ。
精神年齢の制限も必要なのでは。
そのための検査なり試験なり、何かないのかね。

実年齢の制限だけではない足りないということだ。

他人との関係性

他人に絡むことが許されてしまっていることも問題。
だからこそ、今までは、あおり運転も許されてきたのだろう。

根本的なところから変えて行く必要あるのではないかと。
あおり運転を取り締まるだけでなく。
他人との関係性を。
先ほどの、免許についても。

歩道上での「なに見てんだよ」みたいな絡み合いと、あおり運転。
同じようなものだと僕は思う。
あおり運転するような輩は、歩道上でも、目をギラギラとさせてるはずだ。

最後に

他人だからこそ、イライラする。
他人との人間関係の問題でもある、あおり運転。
だからこそ、他人との人間関係を考える僕は、あおり運転を問題視する。

あとは、容易に取得できてしまう運転免許証ですね。
どうにかなりませんかね、もう少し。
二十歳~にするとかではなく。
問題はあおり運転だけではないだろうけど、僕としては、実年齢制限だけではない制限を。

?