熱く語るブラック上司に退職を阻止された日々。阻止の理由は

プロフィール, 社会

退職しようとする僕に熱く語りだす上司がいた。
全てがきれいごとだった。

そんな上司にも嫌気がさし、退職を考えるも、なかなか辞められない。

僕の退職を阻止していた。
これって、ブラック?それとも優しさ?

楽な仕事なんてない

就職から一年。
僕は、違う道を考えるようになった。
退職を考えていた僕は、よく上司に呼び出されていた。

そして、語りだす。
「楽な仕事なんてないんだぞ」と…。
もうなんかね…「はい?」って感じ(笑)
俺は楽を求めて、退職するわけじゃない。

僕が仕事が辛くて辞めると思ってたようだ。
確かに辛く、精神的に危うい状態になっていたが、それだけが理由ではなかった。

何よりも辛いのは、退職しようとする僕を、まるで阻止するかのように、一方的に説得させることだった。

辞めれなくなる

退職しようとすると、上司に説得される日々が続いた。

こんなことも言ってた。
「仕事の合う合わないは自分で決めるものじゃない。周りが決めるものだ!」
NARUTOで、そんなセリフあったような…(笑)
穢土転生したイタチが、言ってましたよ。仕事のことじゃないけど、火影がどうのこうのって。

あのイタチさんも同じようなこと言ってるんだし(笑)、確かにそうかもしれないけどさ…。
そんなこんなで、退職できない日々が続いた。

上司三人と飲みに連れていかれる

そんな日々が続き、僕は精神的に追い込まれた。
必ず毎月一回は、39度近い高熱を出す、謎の症状が表れていた。
早く転職しなければ、という焦りもあった。

そんな状態であるにも関わらず、上司に飲みに誘われた。
しかも、面識のない係長と主任を連れてくるわけです(笑)

そこで、また一方的な説得が始まるわけです。

僕も酒が入って、「先が見えない…」なんてことを言うと、「先なんて見えるもんじゃない!」と、また語りだす。

そんなきれいごとばかり言う上司ではあるが、大した人間ではないのだ(笑)

大した人間ではないブラック上司

まだまだ純粋であった僕は、真剣に上司の話に聞き入っていたが、今であれば笑ってしまう。
お前はどれほどの人生歩んで、それほどのことを語っとるんだと。

実際に、その上司は大した男じゃないんです。
職もころころと変えて、ニートしてる時期もあった。
妻子持ちにも関わらず、僕に若くてかわいい子を紹介しろと言ってくる。単身赴任であることをいいことに。まだ小さくてかわいい子供がいるのに。

尊敬できる上司ではなかった。
こいつは、僕に尊敬されてるとでも思ってたのだろう。

こんな人間がどうしてここまで僕の退職を阻止したのか。
今さらではあるが、少し考えてみることにした。

退職阻止の理由とは

思うに、僕は会社にとって、都合の良い人間だったのだろう。
就職活動に失敗し、僕はパート勤務として、この会社に入った。

そして、少ない給料で、社員以上の仕事を任された。
「いずれは、社員となり、役職に就いてもらうから、全ての仕事をできるようにしろ」と言われ。
就職活動に失敗した弱みを握られたのだ。

会社にとって、こんな都合の良い労働者はいないわけだ。

上司たちは、上の人間に「あいつを辞めさせないようにしろ」とでも、言われていたのか。
全て僕の考えすぎかもしれないが、そうだと思えるくらい必死に退職を阻止された。
本当に僕のことを考えてくれていたら、一方的な退職阻止はしないはずだ。

これは憶測であって、善意で阻止してくれてたのかもしれないが。
そうとも捉えられるエピソードもいくつかあった。

無断欠勤を許される

上司たちの退職阻止に対抗し、僕は無断欠勤をした。
と、いうよりは、身体も精神も限界に近かった。

しかし、上司は怒らない。

それどころか、無断欠勤を溜まった有給で休んだことにした。
これは優しさなのか。それとも、そこまでして僕を辞めさせたくなかった…?

燃え尽き症候群

なぜ、無断欠勤をしたのか。
それは、他の記事でも書いたが、燃え尽き症候群的な症状に陥っていたからだ。

どれだけ努力しても、結果がついてこなかった。
それどころか、ミスを繰り返し、同僚に仕事の話を聞いても頭に入ってこなく、何回も聞き直すなんてこともあった。

精神科医から正式な診断を受けたわけではなかったが、異常だった。

仕事を続けられる状態ではなかった。

退職へ

何も言わずに、このままバックレるつもりだったが…そんな訳にもいかず、職場へ。
最後まで説得されたが、この時の僕は抜け殻状態。

何を言われても、辞めるとしか言わなかった。

バックレることはなかったものの、それに近い形で退職した。

無職になった僕は、なぜか清々しい気持ちだった。
退職した日の、職場からの帰り道、あのルンルンな気持ちは今でも忘れない(笑)

最後に

考え方を変えれば、いい上司ともとれる。
本当は、優しさで溢れるホワイト上司であったかもしれない(笑)
当時の僕はそう思っていた。

しかし、へその曲がった今の僕には、そうは思えない(笑)

思い返せば思い返すほど「なんで?」が多い。
あまりにも一方的だった。だから、説得ではなく阻止なのだ。

僕の話もちゃんと聞いてくれた上で、説得されるのなら、ブラックではない。

スポンサーリンク

?