レジ打ち研修中。50代男性。

社会

よく行くスーパーのレジに、50代くらいの男性が、働き始めた。
研修中の札をつけ、慣れに働く彼から、僕は何かを感じ取った。

リストラか?それとも、他に訳が?

今日は、そんな50代男性から、何かを感じ取った、僕の思いを書いておく。

なぜ”研修中”?

50代にもなれば、それなりの役職に就き、安定した給与をもらっているのが、一般的。
仕事に満足してるかは、置いておいて。

最初に思うのは、リストラなわけだけど、そう決めつけるのは、何だか悪い。

定年退職かリストラか

“定年退職が早い仕事で、時間を有効に使うため、バイトする”なんてことも考えられる。
自衛隊は、確か定年退職が50代だよね。
近くに自衛隊の基地があるから、これも考えたけど、定年退職後の再就職先が、スーパーのレジっていうのは、考え難いよね。

彼は、うつむき加減で、声も小さく気の強いおばちゃんに、嫌そうな顔をされていたり…。
何か、自信を失っているように見えてしまったのだ。

これを目の当たりにすれば、やはり、「リストラかな…」なんて、思ってしまう。

そんな彼を見て、僕は、何故だか、同情してしまった。
相手からしてみれば、これこそ、「同情するなら金をくれ!」ってやつだよね(笑)

これって恥ずかしいこと?

50代にもなって、パートのおばちゃんや高校生と、レジ打ちをすることは、恥ずかしいことなのか。
…そんなことは絶対にない!

まぁ、仕事を転々としてきた結果がこれなら、恥ずかしいけどね。
こういうおじさんに出会ったことがあるんだけど、心から、くだらない人間だと感じた(笑)
こんな、恥じるべきことを、自慢げに話してくるからね…。
ちなみに、その人は、妻子持ちであった。

そんな、クソおやじに比べれば、スーパーで懸命に働くおじさんは、何も恥じることなどない。
僕は、素晴らしいと思います。
運悪く、仕事に恵まれなかっただけ。

僕は、今回取り上げた、スーパーのレジ打ちをする50代男性を、陰ながら応援しています。

最後に

最近では、多くのスーパーでセルフレジが取り入れられてる。近い将来、レジ打ちのバイトなんて、なくなりそうだよね。

こうやって、少しずつ、人間は機械に、働く場所を乗っ取られていくのかな(笑)

YouTuberなんていう職業も現れて、人間の働く場所が変わり始めているのは確かだね。

スポンサーリンク

?