歩道で思いっきりキャッチボール!これってアリ?

くだらない考察

歩道で、思いっ切りキャッチボールをしている人がいた。
そのキャッチボールは、歩いてた僕の妨げになった。
しかも、子供だけでなく、大人も…!?

「非常識だな」と思っていたが、どうなのだろうか。

親子だった

歩道を歩いてると、キャッチボールをする人が。
「歩道でキャッチボールなんてするのは、小中学生くらいだろ!」なんて思った。
僕は、てっきり、子供が遊んでいるのだと思った。

しかし、近づいてみると親子だったのだ!
父と子のキャッチボール。
その横で見守る母。

仲睦まじい光景ではある。
でもさ、公園でやろうよ!!

近くに公園

キャッチボールの現場にたどり着く前に、公園を見かけた。
10分くらい前だっただろうか。
徒歩10分の距離に、公園があるということになる。

10分だろうと、移動が面倒なのはわかる。
僕も子供の頃、家の前で、父とキャッチボールをした記憶がある。
僕の家は、住宅街で交通量も少ない。
しかし、今回のケースは違うのだ。

家の前には大きな道路

その親子は、家の前でキャッチボールをしていた。
住宅街とかなら、まだアリだとは思う。

しかし、この歩道の横には、片側二車線の大きな道路があった。
こんな感じに。

交通量も多い。
誤って、ボールが道路に転がっていったら、どうするつもりなのだろうか。
歩道を歩く人も、それなりにいて、邪魔になっていた。

迷惑行為であり、本人たちは危険でもある。

常識を知らない大人

「してはいけない」という規則はないのか…?
なかったとしても、常識的に考えれば「ここで遊んではいけない」と、わかるはずだ。
大人がその判断をできないのが、致命的だ。

だからこそ、僕は、子供たちがキャッチボールをしているのだと思った。
親子だと気づいたときは、そういった意味で驚いた。
大人である上に、親なのに。
仲睦まじい光景ではあったが、僕には非常識に映った。

事故の可能性

「この親は、子供にどういった教育をしているのか」と。
子供は、この歩道は「遊んでもいい場所」として認識するだろう。

友達と遊ぶことにもなるかもしれない。
ボールが道路に転がって、子供が道路に飛び出しでもしたら…。
それでも悪いのは、ドライバー…。
もちろん悪いんだけど、親の教育が最も悪いと思う。

最後に

歩道を歩いてる側としては、かなりの迷惑行為であった。
彼らには、迷惑という認識はないのだろう。

子供は何も悪くない。
この子も、常識知らずの大人になってしまうかもしれない。
学校の先生やお友達が、ダメだと教えてくれればいいけど。

スポンサーリンク

?