歩道を走る自転車。歩道を歩く歩行者にベルを鳴らすのはアリ?

非常識人間

歩道を走る自転車を多く見かける。
子どもに主婦、高齢者。

言うまでもなく、自転車で歩道を走ってはいけない。
歩道を走り、さらに歩行者にベルを鳴らす人までいた。

歩道を自転車ですっ飛ばす主婦

歩道を歩いていると、後ろから走ってきた自転車にベルを鳴らされた。
「道を空けろ」の意味だ。

最近では起こりえないことだ。
言うまでもなく、自転車で歩道を走ってはいけない。
自転車は車両だ。

子どもや主婦、高齢者の一部に、この意識を持つ人が少ないように感じた。
僕がベルを鳴らされたのは、子どもを乗せて走る主婦だった。
子どもを保育園に送るべく、急いでるように見えた。

子どもを乗せた自転車で歩道を、すっ飛ばす主婦。
あまりにも危険すぎる。

歩道を走るということ

考えてみてください。
「歩道を”走る”」

おかしいですよね?
歩く道なんです。

人が走るならまだしも、自転車が走るのは、あってはならないこと。

昔は歩道を走っていた

偉そうなこと言っちゃってますが、僕が子どもの頃は、歩道だろうとなんだろうと、友達と自転車で、すっ飛んで走ってた。
今思い出すと、かなりの危険行為だ。

いけないことなんですよ。
でも、今ほど、厳しくなかった。
“歩道を走ってはいけない”という認識を持つ人も少なかったと思う。
飲酒運転でさえ、今のように取り締まられてなかった頃の話です。

子どもの頃、面白がってやってた、手放し運転は、今は取り締まられます。
自分のためにも、自転車の交通ルールやマナーを知る必要があるのだ。

緊張感を持て

自転車、自動車を運転する一部の人間に思うことがある。
それは、緊張感の無さだ。

自動車で言えば、肘をついて運転する。
リラックスし過ぎ。
「緊張感を持て」と言いたい。
他にも問題視されてるものがありますね。
ながら運転、わき見運転。
自動車を運転すると言うことはどういうことなのか、今一度確認しなければならない。

自転車も同じ車両。
同じことが言える。

自転車に免許がないということ

僕は自転車に免許がないことを疑問に思う。

恐ろしいことだと思いませんか?
何も知らない子どもが、車両をすっ飛ばしてるんですよ。

免許までいかなくとも、講習を受けるなりの必要性はあるように思う。
免許を持ってたって、やらかす人はやらかすので、一部の人間には無意味であるが。

最後に

自転車を運転する人は、交通ルールやマナーを把握しなければならない。

一部の主婦や高齢者は、どうにもならないですね。
言っても聞かないですから。
免許を返納しない高齢者もそう。
返納を薦めると「まだだ」なんて言う。

こういう人は、何か起こしてからでないとやめないのでしょう。

歩道を自転車で、すっ飛ばす主婦も同じ。
何か起こして、事故にでもならないとやめない。
僕が注意してても、聞く耳を持たなかったはず。

「歩道走るなよ」と、心の中で思うだけ。
さっきも書いたけど、「歩道走るなよ」っていう日本語がおかしい。
歩道は歩きましょう。

?