同性の友人関係でつまずく人は異性の友人関係を築くべき?

友達

「女の友達関係はこわいから、男性と仲良くする」と話す女性がいた。
当時の僕は理解できなかった。
ただの、男好きなのではないかと。

しかし、男友達と関係をこじらせた今の僕であれば、理解できる。

女友達がこわい女性

昔の知人に「女友達にはトラウマがある」と話し、友達はほぼ男性の女性がいた。
いじめを経験したようだった。
そういう女性は、過去に二人いた。

その内一人は、ただの男好きであったこと判明した(笑)
この事実を知ると、「下心ありありじゃん」なんて思い、この話には理解できなくなった。
トラウマがあるのは事実なのかもしれないが。
結局は恋愛関係になるのだから、男女の友情なんか成立しないのではないかと。

しかし、僕は大人になってから、男友達との関係につまずく。
学生時代からの友人数人と険悪になった僕が思い出したのが、この話。
今の自分は、異性との友人関係を築くべきなのかと。

嫌いな異性

「他人は敵か」や「人が嫌い」なんていう記事を書いてきたが、その対象は男性である。
友達、親、他人。
敵視したり、「嫌い」という感情を持ったのは、全て男性だった。
嫌いな異性なんていうのは、恋愛沙汰でごたごたした人くらい(笑)

こんな記事を書くようになったのも、男友達とトラブルがあってのこと。
相手が悪すぎただけで、良い人との出会いのほうが圧倒的に多いのだが。
それでも、彼らが強烈すぎて「女性とのほうが相性が良いのかな」なんて思うようにもなる。

性別は関係ない?

そもそも、人付き合い自体が下手な可能性も。
そうであれば、男性だろうと女性だろうと、人間関係はうまくいかない。

しかし、僕の場合は相手が悪かった。
その相手によって、「男はこういう考えの奴ばっかりなんだ」と、偏見のようなものを持ってしまう。
自分も男なのに。
「女性なら、こんな考えには陥らなかっただろう」と。
僕が知らないだけで、女性でも似たような人はいるんだろうけど。

相性もあれば、縁もある。
同性の友達との相性悪い人もいれば、良い縁がない人もいるだろう。
だからと言って、異性のほうが相性が良いとも言い切れない。

性別より、人間性を見極めて、付き合う人を選ぶべきなのだ。

過去の良い人間関係を振り返る

自分の過去の人間関係を振り返ってみて、上手く付き合えた人の特徴を抑えてみるといいかもしれない。

僕であれば、同性の年上の人。
1つ2つではなく、もう少し上。
学生時代も働き始めてからも、良い人間関係を築けたのは、自分より何個も年上の人だった。

その中には一部の女性も入る。
恋人は別として、辛いときに支えてくれた女性もいた。
そんな女性も年上。

最後に

今の僕の考えは、「友達は必要ない」だ。
全ては、男友達との一件があり、人間関係について考えるようになってから。

そんな今の僕であれば、異性との友人関係もいいかもしれない。
縁があれば、そんな人間関係もアリなのかと思い始めた。
しかし、同性の友達のように遊ぶような関係は難しい。
異性との人間関係は、友達とは言えないくらいの知り合いくらいの距離感がベストなのだろう。

今までとは違う人間関係を築いてみようかと、考えてみたりもしている。
友達までいかない、ちょうどいい距離感の人間関係。

スポンサーリンク

?