僕が人生で初めて絡まれたDQNは常習犯であった

非常識人間

僕が人生で初めて絡まれたのは、いかにもな風貌の輩風の男。

記憶をたどってみると、前にも一度出くわしたような。
他人同士のトラブルの現場を見た知人が、僕が絡まれた男の特徴を挙げたことも。
常習犯だ。

地元のDQN

地元でよく目にし、耳にもするDQNがいた。
DQNとは、他人に迷惑をかける、非常識な人間である。
この男もやらかしている。

“地元じゃ負け知らず”気取りなのだろうか。
田舎というか、郊外に多いんですよ、こういうの。
都会にはそうはいないと思う、ここまでのはね。

この男については、“非常識人間”カテゴリーの記事で、よくピックアップしている。
僕にとって、非常識人間、DQNと言えばこの男なのだ。

人生で初めて絡まれる

最初に書いた通り、僕が人生で初めて絡まれたのがこの輩である。

冬の日の夜のこと。
僕は歩道を歩いていた。

すると、車がすごいスピードでバックして僕の元へ。
「なに、見てんだあぁぁ!」と。
僕に思い当たることはなく、彼の思い込みである。
看板か何かを見たのを、ガンを飛ばされたと思い込んだのだろう。

こういう輩には、大人の対応をする。
ただし、ビビってるような様子は見せないように。
どんどん、調子に乗っていくのでね。
僕は「お前の思い込みだろ」ってことを、冷静に丁寧に伝えた。
相手は「ごめんなあぁ!!」みたいな感じに、謝る気のないナメたような謝罪をして去っていった。

“いかにも”な風貌

年齢は、30代~40代なのかな。
いかにもな、輩風であった。
今にも、あおり運転しそうなね。
この年代に多いですね、輩。

あと、人相がヤバかった。
あんなにもニュースで見るような人相の人間を見たのは初めてだった。
人格が全て見た目に表れてましたね。

車はトヨタの白いミニバンだった。
いかにもな感じにカスタムされていた。
どんな男が乗ってるのか想像できるような。

前に一度…

過去のことを思い出してみると、一度、似てる男に出くわした記憶がある。

コンビニ前の歩道を歩いてると、これまたすごいスピードで車がバックしてきた。
同じ車である。
歩行者がいたのはわかっていたのだろう。
ギリギリで止まって、煽ってるわけだ。

その時は、僕が思いっきりガンを飛ばした。
「なんだよ、コイツ」みたいな感じで。
目も合ったのに、この時は絡んでこなかった。
まだ輩として出来上がってなかったのか、彼なりにセーブしたのか。
どうであれ、確かに同じような輩風であった。

被害者は僕だけではなかった

知人から、飲食店の駐車場で騒ぎが起きていると話を聞いた。
その男の特徴、車が、僕が知る輩と全く同じで。

事の発端は、あの男が老人夫婦の車に衝突してしまった。
相手が老人なのをいいことに、全てを相手の責任にしようとしたらしい。
相手の車の窓を叩き、怒鳴り、薬指突き上げて、叫んでたとか。
「なんとかック!!」って。
なるほどね…(笑)

車には、老人夫婦と孫が乗ってたらしい。
かわいそうに。

僕自身が二度遭遇し、僕の少ない人間関係の中でも話題となる。
常習犯でしょうね。
ここ2、3年くらいは全く見かけなくなった。
話も聞かない。
捕まったんじゃないかな。

最後に

間違いなく、あおり運転するようなタイプの人間である。
色んなところで、色んな方法で他人に絡んでるんです、こういう人間は。

この時期は、僕の他人嫌いがヒドかった時期でもあって…。
目つきも悪かったと思う。
「ガン飛ばされた」と思ってもおかしくない。
僕自身も輩っぽい感じになりかかってたのだろう。
“類は友を呼ぶ”だ。

今思えば、「何だったのかな」って感じですけどね。

スポンサーリンク

?