見ず知らずのおじいさんと立ち話をする他人との人間関係

他人

他人が嫌い。
そんな僕は、ご老人によく話しかけられる。
こんな僕が、見ず知らずの他人と何気ない世間話をする。

平和だ。
こんな時間も悪くない。

他人との人間関係について。

最近の僕の人間関係

最近は、主にファッションなど、好きなことについての記事ばかり書いてる。
言うまでもなく、好きなことを書くほうが楽しい。

人間関係については、書かなくなった。
書きたくないとも思う。
こういったことを書くのは、好きではないのだろう。
誰も読まないであろう、日記のような雑記を書くのは好きだけど。
「他人嫌い」ではなく「他人に無関心」になるべき
こういう記事はもういいかなって。
書いてても、楽しくない。

そんなわけで、今回は平和に、明るく人間関係について書きます。

見ず知らずの他人のおじいさん

僕はバス停でバスを待っていた。
すると、ご老人が声をかけてきた。
60代くらいのおじいさんだった。
「よくここからバスに乗るんですか?」と、僕に話しかけてきた。
おじいさんはいつもは反対側よく乗るとか何とか…。

他人嫌いなんて言ってた僕だが、こんなときは笑顔でニコニコしながら話す。

話題は、相変わらず、新型コロナウイルス。
「あそこのドラッグストアでマスク買えたよ」なんて。
「インフルエンザ対策だけでも大変なのに」なんて会話をした。

おじいさんはバスに乗って、どこかへ遊びに行くらしい。
バスは混んでで、僕はおじいさんの隣に座る。
「隣いいですか?」なんて言っちゃったりして。

こんな平和な時間。
これが他人との人間関係か。

他人との人間関係

他人との人間関係については、色々書いてきた。
こんな平和な時間もあれば、そうでないものも。

過去に一度だけ、こんなことがあった。
僕が人生で初めて絡まれたDQNは常習犯であった
これだって、他人との人間関係。
他人を敵視し、喧嘩を売ってくスタイル。
あおり運転だって、他人との人間関係がこじれて起こるトラブルだと、僕は考えている。
目が合っただけで因縁をつける人間はあおり運転するタイプ
どちらも同じタイプ人間である。

新型コロナの影響で、品薄のマスクを求め、ドラッグストアに並ぶおばあちゃんやおばちゃん。
トラブルも多いと聞いた。
他人だからこそ、腹が立ち、トラブルに発展する。

このように、他人との人間関係は様々。
他人だからこそ、平和になることもあれば、トラブルに繋がることもある。
良い人間ばかりではない。
非常識な人間は、思っている以上に多いと、僕は思う。
コロナの例で、よくわかる。
キレてしまえば、あおり運転をする人間と、何ら変わりない。
見ず知らずの他人に絡んでるのだから。
いきがった高校生のような、大人げない大人があまりにも多い。

こんな人間が多いから、僕は他人が嫌いだ。

最後に

結局、終盤は日記ではなくなってしまった。
どんなに平和な他人との人間関係があっても、他人への嫌悪感は消えないようだ。

こういった記事は、またしばらくお休み。

スポンサーリンク

?