発売したばかりのPS2が我が家にやってきた日のこと

ゲーム, 雑記

子供の頃の話。
ビンゴ大会の景品は、なんと、プレイステーション2。
朝起きると、リビングにおいてあった。

発売したばかりで、絶対に買えない物だった。
PS2は思い出のゲーム機。

突然やってきた

その日は、突然やってきた。
朝起きて、リビングに行くと、テーブルの上に大きな青い箱。
まだ発売したばかりのPS2だった。

小学生だった僕は驚きと喜びで、大興奮。
朝起きて、大きな箱が置いてあるなんて、まるでクリスマス。
急なサプライズで、興奮はクリスマスプレゼント以上だった。

母が「お父さん起きるまで触っちゃダメ」みたいなことを言った。
母も、なぜこれがここにあるのか知らなかった。
「預かってる物かもしれないから」って。
全てを知るのは父である。

ビンゴ大会の1等

父は会社の飲み会のようなイベントに参加したようだ。
ビンゴ大会があったようで、景品がこのPS2。
一等だったのかな。

「特賞が当たった人に交換してくれと言われた」と聞いた。
特賞はハワイ旅行。
僕を思って、PS2を選んでくれたのかな。
ゲームで遊んでくれることはあったけど、一人で遊ぶほど好きではなかったはず。

当時の定価を調べてみると、39,800円。
小学生の僕には絶対に買えない物だったし、買ってもらえる物でもなかった。

PS2の思い出

ゲーム機自体に、ここまで思い出があるのは、他にない。
高校生くらいから、全くゲームをしなくなったのもあるけど。
20代後半くらいから、ちょくちょくゲームをするようになって、この出来事をよく思い出す。
同時に「PS2で、どんなゲームしてたかなー」って。

思い出すのは、一番最初に買ってもらったソフト。
車が好きだった僕は、レースゲームを買ってもらった。
DRIVING EMOTION TYPE-Sというやつ。
リッジレーサーと悩んだような記憶もある。
ソフトが出揃ってない時期で、レースゲームは、この2つしかなかったはず。

調べてみると、開発元はなんとスクウェア・エニックス。
このゲームの評判は悪い。
僕は車のゲームってことで、満足してたような。
グランツーリスモ3が出てからは、全く遊ばなくなったけど。
どんなもんだったか、今遊んでみたい気持ちはある。

最後に

こんなにも思い出があるにも関わらず、このPS2は手放してしまった。
手放したときのことは、全く覚えてない。
高校生~大学生の時期かな。

今なら、壊れてても、手元に置いておく。
ゲームに関わらず、子供の頃の思い出は大切。

スポンサーリンク

?