ショッピングモールでシャドーボクシングする男子高校生

くだらない考察

たまーに見かける、こんな高校生。
「喧嘩してえええ」みたいな感じで、一人で、シャドーボクシングを始める。
しかも、人の多い、ショッピングモールで。

そんな男子高校生の心理とは。

なぜシャドーボクシング

僕が見かけたのは、高校生、男女3人組。男2人、女1人。

ショッピングモールの入口辺り、仲良く3人でお喋りしてたんだけど、急に、1人が戦闘態勢に入る。
謎のシャドーボクシングが始まる。

これって、「俺、強いんだぞ!」っていう、アピールなんだよね。
男子高校生、ならではのこと。

他の記事でも書いたけど、このくらいの男の子は、とにかく強がるんです。
思春期真っ盛りの、男子高校生、ならではの心理だ。
とにかく、自意識過剰。思春期の男の子は、自意識過剰になりがちだよね。


急にゴルフの素振りを始める、おじさんとはわけが違うのだ。

ショッピングモール以外でも、駅とか電車の中とか、こんなのがよくいるよね。

大人(精神的に)の皆さんは、多めに見てやってください…。
と、言いたいところだけど、場所によっては、危険も伴う。

これって迷惑行為?

誰にも迷惑はかけていないかもしれないけど、危険ではある。

シャドーボクシングにせよ、おじさんのゴルフの素振りにせよ、腕を大きく動かす。
ショッピングモールなんだから、急に小さい子が走ってきて、その腕が当たったりでもしたら…。

まぁ、こういうことする連中は、そこまで頭が回らないんだろうけど。

逆に弱く見られる

これは「僕、強がってるんです!」っていう、ただの、恥さらしにしか過ぎない。

喧嘩が強い弱いではなく、”頭の弱い”人間に見られるということだ。

最後に

大学時代に、こんなヤツいたけど、癖のある変なヤツだった。
「今度、アイツとタイマン張るから」といか言っちゃう感じのね(笑)

そんな連中が、気に入らなくても、決して、煽ったりはしないように。
煽ってしまえば、彼らはビビってしまい、そのシャドーボクシングは、さらに過熱するだろう。

スポンサーリンク

?