車の運転でしか強気になれない小心者

非常識人間

前を走行する車を煽る運転、歩道を横断中の、歩行者の歩行を妨げるような、煽り運転
こんな、煽り運転が、後を絶たない。

ここでは、煽るような運転をする人は、どのような人間なのか。
煽る側にだって、言い分はある…?

煽る人間の性格

煽るような運転をする人間は、とにかく、強気だ。しかも、運転中だけ。
車を降りてしまえば、普通の人間。
車を降りても、暴れるような人間は、世間知らずのチンピラだ。

タイトルどおり、煽り運転をする人間は、小心者なのだ。
何より、哀れだ。

なぜなら、“煽り運転が恥ずかしいこと”だと、理解できない。
恥ずかしいことを、強気でやってしまうのだから。哀れもいいところだ。

他で言えば、客という立場を利用して、店員に強く当たる人。
ただの、恥さらしだよね。

ストレスおじさん

“車に乗ると強気”なのだから、車から降りると、強気ではいられない。
溜まったストレスを、乱暴な車の運転で、発散する人もいる。

そして、このストレスが、煽り運転へと繋がる。
「早く行け!」って感じで、煽るわけでしょ?ストレスだとか、余裕の無さの、現れだ。

この、煽り運転が事故へと繋がったら…
加害者の言い分は、「ストレスが溜まっていた」「日常生活に不満があった」みたいな感じだろう。

常識のある人間なら、ストレス溜まってたって、煽り運転なんてしないんだけどね。

ガラの悪い20代~30代

上記のような、年配の人による煽りは、少数派だろう。

見た目で人を判断するのは良くないが、ほとんどが、このガラの悪い20代~30代によるものではないだろうか。

北海道砂川市一家5人死傷事故の男も、東名夫婦死亡事故の男も、25、6歳で、風貌も何だか似てますよね。
僕が経験した、煽りも、このような人間によるものだった。
恐怖を覚えるほど、こわかったのを、今でも覚えている。

煽る側の言い分

煽る側にだって、言い分はある。それなりの理由があるから、煽るんだ!

「あいつ喧嘩売ってんな」とか、ちょっと目が合っただけで、「眼飛ばしてる」とか。
これを理由に、追跡して、煽ったり。

「前のヤツ運転ヘタ」とか「何キロで走ってんだ!」って感じで、煽る人は、結構多いだろう。

悪ガキの言い訳程度の、言い分しかないのだ。

煽られるほうは、規則に沿った、運転をしている。しかし、煽る側は、それが気に入られない。
どちらが正しいのかなんて、言うまでもない。

煽り運転による死亡事故

6月5日に起きた、東名夫婦死亡事故。

事故を起こした、この男は、パーキングエリアでの枠外駐車を注意されたことに、腹を立てた。
その後、わざわざ、夫婦とその子供らが乗る車を追跡し、運転を妨害し、死亡事故へと繋がった。

この死亡事故は、一種の煽り運転によって、起きたものだ。
煽り運転がエスカレートしたもののほうが正しいか。

カンニング竹山氏のコメント

10月11日放送の、”直撃ライブグッデイ”にて、カンニング竹山氏が、煽り運転をする人間い対して、こんなコメントを残しています。
「『僕、バカですよ。社会ルール守れませんよ。』と、言ってるのと一緒」。

正にその通りです!僕の言いたかったことを、言ってくれたような気がして、なんだか、スッキリした。

Yahooニュースにも掲載されたので、一度目を通してみてください。
カンニング竹山、東名夫婦死亡事故に怒り「後ろからあおるヤツは僕、バカですよと言ってるのと一緒」

最後に

煽り運転は、哀れな自分を晒す行為だ。

煽られても、「哀れな小心者」だと思えば、腹も立たないだろう。
かわいそうな人間だと思っておこう。
良し悪しの判断もできないのだから、育ちも悪いだろう。

こういう連中には、痛い目に遭ってもらうべきだ。
まぁ、痛い目に遭ったって繰り返すんだろうけどね。

良し悪しの判断もできない人間に、学習能力など、備わっているとは思えない。

スポンサーリンク

?