友達がいない男が「友達の必要性」を考える

友達

裏切りによって、友達は必要ないと考えるようになった僕。
しかし、「友達がいれば…」と思うことがない訳でもない。

必要ないと思うのは今だけであって、必要としていた頃のほうが多い。

友達は必要ない

僕には友達と呼べる人間関係がない。
いつの間にか、いなくなった。

大人になってから、学生時代からの友人三人から、同時期に裏切られた。
お金であったり、女性が絡んでたりで…。
人間関係が面倒くさくなってしまい、新たに人間関係を築くこともない。

それからの僕は「友達は必要ない」と考えるようになる。
これは今の僕の考えであって、それまでの僕は友達を必要としていた。

友達を必要としていた自分

子供の頃はもちろん友達を必要としていた。
今でも、子供の頃は友達が必要であると思う。

高校時代は、友達関係で悩んだことがある。
友達は多かったが、皆、浅い関係であったこと。
大学入学時は、気の合う友達がいなくて悩んだ。
どれも、友達を必要としていたからこその悩みである。

高校、大学となると「一人でいたい」と思い、友達を必要としない人はいると思う。
しかし、僕は友達を必要としていた。
ちょっとした休憩時間であっても、友達と群れていたかった。

そんな人間が、大人になって、友達が一人もいなくなり、友達は必要ないと考えるようになった。

友達がいれば…

「友達がいれば…」と思ったことは、なくはない。
ふと思うことが、過去に何度かあった。

男同士で、いきがって飲み歩きたいとかね。
この程度ことくらいしか思わないのだが。

これこそ、友達としかできないであると思っている。
家族や恋人とはできない。
たまに、こんなことを思うだけで、それ以外で友達を必要としたことはない。
むしろ、「いなくていい」と今も思っている。

大人になってからの友達

今考えれば、大人になってからの友達付き合いは面倒くさかった。
月一回飲みに行くとかね…。

たまには、そういうのも楽しそうだけど。
そのために「友達つくろう!」とは思わないし、地元の友達に連絡を取ってみようとも思わない。

散々書いてるのだが、大人になってからは友達は必要ない。
今の僕には。
歳を重ねれば重ねるほど、こう思うようになる。

最後に

人間関係についての考えは、歪んでると言われても仕方ない。
こじらせてますから。

でも、「友達は大切にしましょう」なんて記事を書いても仕方ないので。
人とは少し違う考えだからこそ、記事にしている。

スポンサーリンク

?