家庭教師に「何でもしてあげる」と言われた話

雑記

中学から高1にかけて、女子大生の家庭教師が来ていた。
その先生に、「これ頑張ったら、何でもしてあげる」と言われ、ドキっとした、思春期の頃の話。

先生とは言ってもまだ大学生

“家庭教師”とは言っても、まだ、大学生。19歳とか20歳だったかな。

とてもフレンドリーで、先生っていうよりは、仲の良いお姉ちゃん的な存在になっていった。

教え方もわかりやすく、普通に良い先生だったんだけど、たまの発言や行為が、刺激的だった(笑)

刺激的な先生

シャツの胸元を思いっ切り開けてたり。普通に黒い下着が見えてました(笑)

正確には覚えてないけど、「大学で避妊具を扱う講義をしたから、今、鞄の中に入ってる」とか、急に言われたり。
思春期の僕には、刺激が強すぎて、何も言えず”ぽかーん”としていた(笑)

そんな中でも、一番印象的なのが、タイトルにもある、コレ。

何でもしてあげる

他の記事でも書いたけど、僕は、思春期に起こる色々なことにぶつかってしまい、塞ぎ込みがちになってしまう。
勉強も手に付かなくなり、家庭教師も来てもらう回数を減らしていた。

そんなとき、母から話を聞いたのか、その家庭教師が家に来る。
「悩んでたんだね」とか色々と話をする中で、この一言。

「これ頑張ったら、何でもしてあげる」

この”何でもしてあげる”は、男が望む”何でもしてあげる”なのか…(笑)
それとも、「どこか連れて行ってあげる」とか「ごはんおごってあげる」とかなのか。

現実的に考えれば、後者なんだけど、この人なら、前者のだったのかなとも思ってしまう。
男のおばかな妄想が膨らみますね!(笑)

家庭教師を辞める

当時の僕は、「何でもしてあげる」が効かないくらい、落ちていたのだ。
精神状態が普通だったら、家庭教師のことを、好きになっていたはず(笑)

感謝の言葉も、さよならも言わずに、その先生との関係を断ち切ってしまった。
母を通じて、電話番号とメールアドレスを書いた紙をもらっていたのに、電話もメールもしなかった。

色んな意味で、後悔している(笑)

最後に

特に、何か発展があったわけではないけど、男としては、反応してしまう発言が多かった(笑)しかも、思春期だったしね。

その先生のおかげで、無事進学もできたし、良い家庭教師でした。

感謝の言葉を言わなかったことは、今でも後悔している。
疎遠になった人と会いたいなんて思わないんだけど、この人だけには、一度会いたい。

スポンサーリンク

?