人生を不幸にするイライラとは。一番の不幸者は不幸にさせた人

人間関係

恨むほどに嫌いな人がいるって人は、意外と多いと思います。
そんな人間に対してイライラする自分を、嫌になるなんてことも。

人生を不幸にするイライラと、そうではないイライラがあります。

イライラするのは異常?

「人を恨んでイライラする自分が嫌。これって異常なこと?」と、聞かれたことがある。

僕は異常なことだとは、決して思わない。
その人がされた仕打ちを聞くと、よくその程度のイライラで済んでるなと。

恨んでしまう程のことをされて、そのことや人を思い出して、イライラするのは当たり前。
悪いのは相手であって、イライラしてしまう自分は何も悪くない。

「恨んだりイライラするのは時間の無駄」とか「憎しみは自分を不幸にする」みたいなことはよく聞きますね。
イライラで人生を損して、不幸へと進んでる人間のタイプを紹介します。

イライラで不幸になってる人間のタイプ

不幸になってる人は、人を不幸にさせてる人。
つまり、人に被害を与える人です。

最近、問題視されてる、あおり運転なんかは正にそう。
イライラして、あおり運転をするわけですね。

あおり運転をする人間は、人生を損してます。
警察による取り締まりも強化されてるため、逮捕されて、人生棒に振ることにもなる。

一生、何かしらにイライラして、不幸な人生送るのでしょう。
こういう人間は、僕の周りにいます。
人間関係で、トラブルばかり起こしてます。

被害者側も、あおり運転をされたことを思い出し、イライラするでしょう。
しかし、このイライラは、加害者側のイライラとは違う。
時間の無駄であることは変わりませんが、人として当然のイライラです。
おかしなことではないのです。

ふと思い出して、イライラしてしまうことを無駄に思っても、こういうことってなかなか忘れられないんですよね。

3年経っても忘れることはできない

僕自身、大きな裏切りを経験し、そのことを思い出してはイライラしてしまう。
思い出したくなくても、ふと思い出してしまうんです。
朝起きた時とか、特に。

もう3年近く経ってるものの、たまに思い出しては、イライラし、憎しみが生まれる。

しかし、3年も経てば、その回数は減ったように思う。
毎日、笑顔で幸せに暮らしてれば、思い出したくもないことを思い出すことなんてない。

「時間が解決してくれる」なんて言うけど、僕はそう簡単に忘れることはできないと考えている。

一人で考え込んで、毎日毎日イライラするよりかは、家族や友達、恋人と、楽しく一日一日を過ごすことが望ましいでしょう。
思い出す回数も減って、イライラも軽減されるはずです。
あくまでも、僕の経験談ですが。

最後に

人を不幸にする人間が一番不幸。
自分を不幸にした人は、毎日、誰かしらに腹を立て、イライラし時間を無駄にし、人生を損してる人間だと思いましょう。
本当に不幸な人間だなと。

他人と少し目が合っただけで、イライラする人間もいます。
あおり運転する人間と同じタイプ。
しかも、いい大人だったりするわけです。
…かわいそうな人間ですね?

こう考えると、自分は不幸ではなく、イライラは異常ではないと考えられるでしょう。
こう考えると…と言っても、事実なんですけどね!(笑)

スポンサーリンク

?