平成2年生まれの「ポケモンの思い出」。アニメ放送開始時のこと

雑記

「今でもポケモン大好き!」と言うほどではないが、子供の頃の思い出はたくさん。
アニメ放送開始時のことは、今でもはっきりと覚えているほど。

思い出すと、不思議とグッとくるものがある、僕のポケモンの思い出。

初めて知ったポケモン

初めてのポケモンは、従弟が教えてくれた。
ゲームボーイのポケットモンスター緑であった。
アニメまだは始まってない。

初めて見たポケモンの画面は、確か「ディグダのあな」か「イワヤマトンネル」。
どっちだったんだろう…。
ゲームボーイではなく、スーパーファミコンのスーパーゲームボーイで遊んでたような。

僕は、後に、ポケットモンスター赤を買ってもらう。

アニメ放送開始

アニメの放送が開始された日は、なんと僕が初めてポケモンを知った日だった!
初めてポケモンのゲームを知った日が、アニメ放送開始だったのだ。

従弟の家で遊び、夜ご飯の時間のこと。
知らないアニメが始まった。
僕はテレビに映る文字を声に出して読むんです。
「ポケットモンスター…?」と。
従弟に、「さっきのゲームだ!」みたいなことを言って。
この時のことを、今でもすごく覚えてるんです。
光景とか、テレビの画面とか。

だから、初期のポケモンを見ると、なにかこう…グッとくるものがあります。
涙出そうになるくらい(笑)
オープニングの「ポケットモンスター」とタイトルが出るところ。
あの時の光景を思い出すんです。

ゲームの思い出

友達とも従弟とも、たくさん遊んだポケモン。
その中でも、一番覚えてることがある。
エピソードとしてはっきりと記憶にあるのが、父との思い出。

僕は、仕事で帰りが遅い父に、ゲームをやらせるんです。
チラシの裏に「お父さんへ。ハクリューのレベルを55まで上げてください。」みたいな手紙を書いて。
「カイリューにしてくれ」ってことですね(笑)
ゲームボーイと手紙を、リビングのテーブルに置いて、寝るんです。

朝起きると、リビングのテーブルに手紙の返事とゲームボーイが置いてある。
カイリューになってるんです。
ありがとう、お父さん。

今の僕のポケモン

最初に書いた通り、「今でもポケモン大好き!」と言う程ではない。

ゲームは、最後にやったのがソウルシルバー。
大学生の頃。
アニメは、金銀以降はほとんど見てなかったが、XYの後半から見てハマって、サンムーンも少しだけ見た。
XYのバトルシーンがすごくかっこよくて、久々にポケモンに見入った。

ポケモンカードでも遊んだ。
こちらも、XYの後半くらいからサンムーンの最初くらいまで。
カードは、一番最初に出たスターターパックみたいなのを買ってもらった記憶がある。
少し前に復刻したやつです。

最近のことを言うと、つい先日、UFOキャッチャーで、ブラッキーのぬいぐるみを取りましたよ(笑)
1,000円ちょっとで。
あとは、今更、ポケモンGOを始めてみたり。

ポケモンからは離れていましたが、XYの後半くらいから、ポケモンが身近にあります。

最後に

僕にとってのポケモンは、初期~金銀。
ゲームもアニメも。

でも、XYは本当に良かった。
ゲームも、XYはやってみたいなと思う。
3DSのポケモンは、全くやったことないんで。

アニメは、新シリーズが発表されましたね。
全地方が舞台であり、タイトルが「ポケットモンスター」だけなのが熱い。
僕としては、オープニングが楽しみだったりする。
一話の始まり方とか。
あの時の光景を思い出すような感じだと、泣いてしまう(笑)
全地方ってことなんで、少し期待してたりします。

?