ゆっくりと流れる時間。久々に過ごす実家での一日

日記

久々に、朝から晩までの時間を実家で過ごした。
何だろう、このゆっくりと時間が流れる感じは。

天気も良く、すっきりと晴れた一日。
たまには、こんな一日も必要だ。

やっぱり実家はいい!

大人になってから、「やっぱり、実家はいいな」と思うようになった。
昔は、「こんな家、早く出て行ってやる!」なんて思っていたのに。
「母ちゃんが飯作ってくれるから楽!」とかいうことではなく(笑)

もちろん、母のご飯を食べるのも楽しみになる。
子供の頃は、普通に食べていたものが、何だか美味しく特別感のあるものになる。
ご飯自体も、家族とご飯を食べる時間も。

実家に帰ると、基本的にはリビングで過ごすが、自分の部屋で趣味に没頭するのも良い。
自分の部屋で、子供の頃のように。

実家で、特に何もせずに、ボーっとテレビを見てるような時間が平和で幸せ。
そんな実家での時間を、幸せに感じるようになった。

心が洗われる

天気の気持ちの良い日に、実家に帰ると、何だか心が洗われるような気がする。

心が洗われるということは、僕は心に余裕がないのか(笑)
家で一人で、「他人は敵か」なんていう記事を書いてれば、心も暗くなってくる。
でも、書きたいことだから、書き続けます。
誰かに読んでもらいたいと言うよりは、今の自分の考えを残しておきたい。

実家は、すごく日差しが入る。
その日差しによって、心が洗われる感じ。
僕の家は、日差しが入らなくて、少し薄暗い。
そんなところで、「他人は敵か」とか書いてたら、そりゃあ暗くもなってくる。

実家に帰る回数を増やそうと思った一日だった。
とは言っても、もういい年なんで、そんな頻繁に帰る訳にもいかない。
母も嫌気を差すでしょう(笑)

最後に

今日はこの記事を書くのを一旦止めて、散歩に行った。
清々しい気持ちで書くブログは楽しい。

昨日書いたような記事を、家にこもって淡々と書いてると、色々と考えて重たくなる。
これも必要なんだけど、あまりに続けるとね…。

ブログを書くことが仕事ではないが、自分が今やるべきことだと思っている。
その気持ちが強くなり、ここ最近は、家にこもりっきりだった。
息抜きではないけど、実家に帰って、リフレッシュされたという日記。

リフレッシュされたのか、自然と書きたいことがポンポンと出てきます。

スポンサーリンク

?