ハードオフで2,000円で買ったジャンクギター!謎のサンタマリア

音楽/ギター

ハードオフで2,000円で買った、ストラトタイプのギター。
もちろん、ジャンク品

ヘッドを見ると、SANTA MARIAのデカール。
詳細不明の謎ギター。

2,000円で買ったジャンクギター

こちらが、ハードオフで買った、2,000円のジャンクギター。

現在の状態です。
購入は、3年近く前。
ブログに載せる予定ではなかったため、当時の写真はなくて。
ハードオフの値札は撮っていたはずなのに、紛失。
確か、「音出しのみ確認」みたいなことが書かれていた。

購入当時の状態は、確かに音は出ました。
が、ネックは反っていて、フレットはガタガタ。
元が安物のギターのようで、フレットの処理がかなりひどい。
チューニングは安定してるものの、ペグもチープ。
なぜかトレモロスプリングだけ、かなり錆びていた。

そして、ヘッドには、謎のデカール。

詳細不明


ヘッドには、『SANTA MARIA』と書かれた、謎のデカールが貼られている。
前の持ち主が、自分で作ったりして貼ったのかと思いきや…。

ネットで調べると、同じものを発見。
ヒットしたのは、過去にヤフオクで落札された一件のみで、詳細は不明である。

安ギターであることは、間違いないでしょう。
チープなペグといい、フレットの処理といい…。
ザクリや、ピックアップやポットなどのパーツを見ても、安価であったことがわかります。

メンテナンス・パーツ交換

ネックは、逆反りで、なかなか安定せず。
トラスロッドを何回も回した記憶。
今は、安定してるのか、それなりに弾きやすい。
フレットの粗い処理は、やすりで。
ハイフレットがガタガタで、すり合わせが必要ですが、工具がないため手付かず。
音が詰まってしまうところが、何箇所かある状態です。

パーツは手持ちの物に交換。
雑な配線ですが、一応、写真を。

ポットは、ボリュームがCTSで、トーンがSONICのフルアップトーンポット。
どちらも500kですが、特に問題なし。
配線を1V1Tにしてるので、2つ目のトーンポットはダミー。
コンデンサーは、10年くらい前に中古で買ったストラトのアッセンブリについてたオレンジドロップ
セレクターは、7年前に買ったOAK製。
ピックアップだけはそのまま。
安いギターについてる、よく見るタイプですね。
ネックプレートだけは、ご立派。

ナットの交換だけは、最近行ったので、記事にしました。
【ジャンクギター(2,000円)】71円で買ったナットに交換してみる

最後に

ハイフレットの何箇所かを除けば、普通に弾きやすいギター。
音は、やっぱり安ギター。
悪くはないけど、「音がいい!」とは言えない。

これからまたいじる機会があれば、記事にする予定です。

スポンサーリンク

?