耐久性とコスパ最強!1年着たユニクロのドライカラーTシャツ

ファッション, レビュー

部屋着として、ユニクロのドライカラークルーネックTを1年着た。

適当に洗濯して、干していたにも関わらず、伸びも毛羽立ちも、ほぼなし!
耐久性も抜群で、コスパ最強!

ユニクロ ドライカラークルーネックT

去年かった、ユニクロのドライカラークルーネックT。
詳しいレビューは、買ったときにしてます。


サラッとして着心地が良く、乾きやすいとレビューしてます。

サラッとというよりは、ザクっとしてて通気性が良いかな。
とにかく着心地が良いです!
夏の部屋着として、かなり良い!
1年着てみて、違う良さも発見したので、レビューしてみます。

耐久性の良さ


1年着てみてわかったのが、耐久性の良さだった。

僕はてっきり、すぐに首元が伸びて、毛羽だって毛玉ができて…だと思ってた。
ポリエステルが混紡された、定価500円くらいのTシャツだし。
僕が買ったときは、390円だったかな。

それが、驚き!
今もきれいに着られるこの状態!

首元もしっかり!


首元もヨレヨレにならず、きれいに保たれてます。
多少は伸びてますが、部屋着として使用して、これですよ。

手洗いしたり、お洒落着用洗剤を使ったりなんてこともしてません!
部屋着に最適な、タフなTシャツですね。

毛羽立ち、毛玉なし!


ボディのアップ。
よーく見ると、ちょっとした毛羽立ちはあるかもしれませんが、目立つものはありません。

毛玉に関しては、一切ありません。

ほつれなし!


次に、脇下の裏側のアップ。

ほつれがないのが、わかります。
他の箇所も、ほつれ糸がありませんでした。

生地の素材に注目!


この耐久性の良さは、生地の素材によるものでしょう。

ドライカラーTシャツの素材は、綿66%ポリエステル34%。
これが、ポリエステル65%コットン35%なんかだと、すぐに毛玉ができてダメになる。
コットン100%でも、ものによっては、すぐに生地が伸びてきます。

通気性の良さを考えた、生地の編み方も関係しているのでしょう。

インナーにすると毛玉がつく?

毛羽立ちや毛玉は、摩擦によってできてしまいます。
よくあるのは、服同士の摩擦や鞄との摩擦。

このTシャツも、場合によっては、毛玉ができる可能性がある。
僕は2回くらいカーディガンのインナーにしてますが、大丈夫でした。

最後に

部屋着用に買った安いTシャツが何枚かあるんですが、きれいに残ってるのはこれだけ。
他のは、首元がヨレてたり、形が変わってしまってたり、毛玉だらけだったり。

夏の部屋着Tシャツとして、本当に優秀です!

スポンサーリンク

?