広く浅くな友人関係に馴染めず高校を辞めた話

友達, 学校

高校時代のクラスの人間関係は皆仲良し。
良いことなんだけど、僕はそんなクラスに馴染めず、高校を辞めてしまう。

広く浅くの友人関係に馴染めず、高校を辞めてしまった話。

中学時代は狭く深く/h3>
中学校時代の僕の友人関係は、狭く深く。

クラスでは話したことがない人が多い代わりに、深い関係の友人が数人いた。
休み時間なんかは、いつも一緒にいて、帰ってきてからも連絡を取り合ったり、遊んだり。
友達が休みでもしない限り、学校で一人でいることなんてなかった。

これが僕にとっての友達とも付き合い方で、当たり前の学校での日常。

広く浅くな高校生活

僕が進学した高校は、クラス皆が仲良しな感じだった。
和気あいあいとした感じ。

いいことですよね。
いわゆるスクールカーストなんてのも感じなく、皆が仲良し。
中学のときは、グループがはっきりと別れていた。

そのせいもあってか、固定の友達ができなかった。
広く浅くの友人関係で、いつも一緒にいるような友達がいない。

考え方ひとつ変えれば、友達が多いんです。
思春期が重なったこともあってか、この雰囲気に馴染めなくなり、学校を休みがちに。

友達がいないと思い込むように

当時の僕は、「自分には友達がいない。だから、学校に行きたくない。」と思っていた。

友達から心配のメールが何通も着ていた。
学校に行けば、ノートを見せてくれる友達もいた。
高校が同じだった中学時代の友達は、わざわざ、家に来てくれた。
それでも、僕は友達がいない思っていた。

僕が望んでいたのは、中学時代のような友人関係だった。

自分だけ取り残されていく

たまに、学校に行くと、徐々に友達との仲に入れなくなり、孤立していく。
当たり前なんですけどね。
休んでる自分は時間が止まったまま。クラスメイトは、遊びも勉強も、どんどん先へ行く。

当時は、モンハンが流行りだして、皆やってたけど、僕はその中に入れなくなっていた。
一番僕のことを心配してくれてた友達も、だんだんと、僕の心配より、モンハンに気を取られるようになる(笑)
その友達とは大学で再開し、一度、遊ぶことになります。

友達の輪の中にも入れなくなり、教室を移動するときなんかも、一人になっていきます。
クラスのかわいい女の子が自分のことを心配してくれてるなんて話を担任の先生から聞くも、そんなことどうでも良かった。
今なら、喜んで学校行くけどね(笑)

結局、高校は半年足らずで、辞めてしまった。

充実していたはずの高校生活

あのまま休まずに高校に行ってれば、僕の高校生活は充実していただろう。
広く浅くとはいっても、遊ぶ友達もいたし、言い寄られていた女の子と付き合っていた可能性だってある。

どちらかというと、僕が馴染めなかった高校生活は、他の人からすれば、充実していた。
今思い出すと、リア充だ(笑)

女子とも仲が良く、割とクラスの中心にいる感じ。
中学時代の地味なグループと全く違った。

僕には地味なグループで、地味に学校生活を送るほうが合っていたということだ(笑)

高校を辞めてよかった

結局、高校は退学ではなく、転入となった。
その転入先は、地獄のようなところだったけど(笑)
いじめられたとかではないものの、環境が悪すぎた。

転入という手段を取ったおかげで、大学にも進学できた。
大学の学部も、高校と同じような感じで、多くの人と仲良くした。
最初はまた馴染めずにいたものの、一年も経てば、気の合う仲間が見つかった。

高校をサッと転入したおかげ、結果オーライな感じに。
辞めてなかったら、きっと、ずるずると不登校になり引きこもりになり、結果、中卒。
こんな感じになってたはず。

僕はあの高校を辞めてよかったと、今でも思ってます。

最後に

大人になった今となっては、「友達はいらない」という考えになった。
でもこれは、大人である今だから、思えること。

中学高校時代には、友達は必要。
思春期には、友情や恋愛は知っておかなくてはならない。
大学時代に、これを経験してない人間と仲良くなったが、人付き合いに問題のある人間だった。
これは、僕の知人に限った話だろうけど。

経験談として言えることは、人生につまづいたときは、サッと環境を変える。
学校が嫌なら、逃げるべきです。
ただし、逃げながらも、次の道を探す。
転職を考える人だって、働きながら、転職活動します。

高校を転入したことに後悔は一切ないけど、もっと早く転入すれば良かったという後悔はあります。
あんなに悩み、苦しむ必要はなかったなと。

?