人生の中で最も嫌いになった人間は「最も仲の良かった友達」

友達

裏切られ、恨むほどに嫌いになった人間がいる。
友達であったにも関わらず、今までの人生の中で最も嫌いな人間である。

人間性を思い出してみると、付き合っていたことを後悔するほどだ。

他人ではないからこその

他人であれば、何年も引きずって、「憎むほどに嫌いだ」なんてことにはならない。

友人であったからこそ、憎むほどに嫌う。
そこに、信頼からの裏切りがあったから。

今までの人生の中で、最も嫌いになった人間は、最も仲の良かった友達。
学生の頃、一番仲の良かった友人が、憎むほどに嫌いな人間となってしまった。

その訳とは

度々、記事にしてること。

書いてある通り、裏切りである。
陰湿な嫌がらせから始まり。
嫌がらせの訳も、嫉妬だったのだと思う。。
ネチネチと、面倒くさい人間であった。

こうなってしまったのも、彼の人格、その人間としての特徴にある。

女々しさ

女々しい男は、女性に嫌われる。
女性だけでなく、男にも…。

特徴を挙げるとすれば、その女々しさである。
女々しく、女性に引かれることもあったのだが、僕も彼の女々しさには、嫌気が差していた。

裏切り行為も、まるで、女性の人間関係のように陰湿。
陰湿な嫌がらせの手口が、嫌な女みたいだった。

こんな女々しさもあってか、20代半ばにして恋愛経験は一切なし。
これを気にしていたようで、ここから嫉妬心が生まれたのかと。
まぁ、でも、こんな性格だからね。
モテないでしょ。

今もまだ嫌いか

「今もまだ嫌いか」と言われれば、嫌いなのだが。
記憶から消えてきていることも、確かである。

嫌いな人間を挙げるとすれば、この男なのだが、どうでもいい存在へとなりつつある。
思い出して、もやもやすることも減ってきた。

何がどうであれ。学生時代の友達であったんでね。
忘れることはないのだろうけど。
思い出しても、いいことなんて何もないので、早く忘れてしまいたい。

最後に

悲しい話であると思う。
嫌いな人間が、友達だった男だなんて。
でも、嫌いになってしまったのだから仕方ない。

スポンサーリンク

?