読み込み不可な初代プレステ。レンズに息をフッとすると起動

ゲーム

小学生の頃ぶりに、初代プレイステーションを起動してみるも、ディスク読み込み不可。
そこで、本体のレンズに、息をフッと吹きかけてみると、普通に遊べるようになった!

当時新品で買った初代プレステ


この初代プレステを買ったのは、たしか小学1年生か2年生の頃。
色々な思い出が思い浮かびます。
買ってもらったはずなのに、買ってもらったときの記憶は忘れてしまった(笑)

PS2が発売したころには、すぐに家にPS2がきたため、その頃から、一切使用してないはず。
その割には、きれい?
そんな、20年近く押し入れにしまってたゲーム機が、すんなりと起動するわけもなく…。

ディスク読み込み不可!

一応、起動はしたんです!
しかし、ずっとディスクを読み込んでるような音がする。
ディスクを入れてるのに、メモリーカードの内容を見れるホーム画面にいく。

さすがに、壊れたかと思い、レトロゲームに必須の息をフッをすることに。

レンズにフッ

任天堂のレトロゲームをするときに、よく、ソフトや本体のソフト差し込む口に、息を吹きかけますよね。
子供のころ、ゲームの調子が悪いときは、いつもこれをやってた。

それを、今回は初代プレステでやることに。
ディスク読み込み不可ってことなので、本体のディスクを入れるところにあるレンズに息をフッと。

そしたら、直ったんです!
一度フッとすると、その後は、何もなかったかのように遊べるようになった。
その後は、息をフッもする必要がなくなった。

きっと、ディスクを読み込むレンズに、埃か何かが付いていたのでしょう。

レンズに触れてはいけない!

最後に、注意が一つ。

「レンズには絶対に触れないでください」注意書きがあるので、磨いたりしてはいけない。
絶対にと書いてあります。
僕は本当に軽く、フッと、一度息を吹きかけただけです。
さっき書いたように、僕の場合は、埃が少しついていて、読み込み不可だったのでしょう。

息を吹きかけても、ディスクを読み込まない場合は、僕のプレステとは症状が違うということになります。

最後に

プレイステーションクラシックの発売を控え、今は盛り上がってますね。
ちなみに、約20年ぶりに遊んだプレステソフトは、クラシックにも収録される、「XI [sái]」。
シンプルながら、奥が深いゲームです。

最近は、レトロゲームばかりやってる。
初代プレステやニンテンドー64など。
このあたりのゲームは本当に懐かしい!

最新のゲームとかは全然…。
スイッチどころかWIIUすら、やったことない(笑)

それにしても、雑記ばかり書いてるなー。
まぁ、雑記ブログだし、これでいいんだよね?(笑)

スポンサーリンク

?