【合皮の寿命】2年履いた合皮ブーツの劣化が限界かもしれない

ファッション

ドクターマーチン風の合皮ブーツを買って2年。
たくさん履いた。

「まだ履ける!」と思っていたが、劣化がひどくなってきた。
合皮の寿命は2年…?
劣化した合皮は、貧乏くささ全開。

2年前に買った合皮ブーツ

2年前に、合皮のブーツを買った。
ドクターマーチンの8ホール風のブーツ。
買った理由は、安かったから。

購入から、数週間の状態。
まだピカピカ。

幅が細い見た目と、足に合ったこともあって、お気に入りに。
合皮であること以外は気に入ってしまい、長く履くことになった。

1年半履くと、状態はここまで悪化。


どんどんどん安っぽい見た目に。
安かったのをいいことに色々と弄ったせいか、何だかブサイクになったような…?
一番の原因は合皮の劣化。

劣化した合皮は貧乏くさい

話は少し変わって…。

実家に帰ると母が「このバッグ、そろそろ買い替えたいんだよね~」と。
生地がフェイクスエードのようなバッグだった。
スエードに似せた合皮である。

そのバッグを見ると、僕のブーツと同じように、劣化。
剥がれがあったりした。

これは、やっぱり貧乏くさい。
劣化した合皮など、貧乏くさいものはないと思う。
それでも、僕はこのブーツを履く。

現在の状態

購入から2年経った、現在の状態がこちら。

最初の頃のような輝きは、もうございません。
合皮なので、お手入れしてあげても無駄
靴紐を最初のに変えたって、何も変わらない。

少しお手入れして、靴紐を交換。
…なんかもう疲れちゃってるよね。

ひび割れや剥がれは、さらに悪化。

さすがにもう限界か。

合皮の寿命

僕はもう少し履きたいところなんだけど、どうでしょう。
合皮の限界を試したい。

…いや、もう限界か。
合皮の寿命は、2年くらいなのでしょう。
1年半の時点でアウトだったかもしれない。

でも、僕はお洒落したいわけでもないので。
足に合ってて、履きやすいから、なかなか手放せない。
もう少し頑張ってもらうよ。
場合によっては、あと1年、2年履くかもしれない。

最後に

前の記事にも書いた通り、あまりにも劣化がひどくなったら、何かでコーティングしてしまおうと。
色々と弄りたい気持ちもある。

僕は、このブーツで合皮ブーツの良さも知った。
結構便利だったりする。
ほぼ長靴ですから。
軽いし。

その結果、手放せない靴となった。
寿命とは書いたものの、限界がきても限界突破させて履き続けよう。

スポンサーリンク

?