ドクターマーチン風ブーツの黄色ステッチを黒に塗ってみた

マーチンもどきの黄色ステッチが、安っぽくて、気に入らないので、ステッチを、黒に塗ることにした。

これが、想像以上に、きれいに仕上がった!
とあるペンのおかげで。

ステッチを塗られるブーツ

ステッチを塗られるのは、お馴染み(?)の、マーチンもどき。

    3,000円代で買えた、ドクターマーチン風の8ホールブーツをレビュー!合皮であり、”マーチンもどき”ではあるものの、ブーツとしては、良いものだった。

詳細はこちらから。

黄色ステッチが気に入らない!


この黄色すぎるステッチが気に入らない。
黄色ステッチが、安い合皮ブーツを、さらに安っぽくさせている。

本家を履いてるときは、この黄色ステッチが良かったんだけどな。

3,000円代で買えたブーツだし、失敗を恐れずに、塗ることに!

アルコール系塗料で塗ろう!

安いブーツのために、塗るものを買うのは、何だか、気が引けるので、家にあるもので塗ることに。

最初は、水性ペンや油性ペンで塗ってみたが、塗料を弾いたり、色移りしてしまった。
最後に試した、このペンで、きれいに塗ることができた!

ガンダムマーカーが優秀すぎる!


ガンプラを作るときに買った、ガンダムマーカー
書いてあるとおり、アルコール系塗料。
振ると、カチャカチャなって、ペン先をギュッと押し込むと、インクが出るやつ。

これが、かなり優秀で、簡単に塗れて、仕上がりもきれい!

GSIクレオス ガンダムマーカー 塗装用 ブラック 模型塗装用マーカー GM10

ガンダムマーカーでステッチを塗る

片方だけ、塗ってみたので、比べてみよう。

我ながら、いい仕上がり!
シックな印象になり、きれいめな服装に合いそうな、ブーツになった。
本家のブーツより、シャープなシルエットなので、シックになったのは、良い結果。

ただ塗るのではなく、ギュッと押し込んで、インクを出して、インクを染み込ませるように塗るのがポイント!

2足目は、コツをつかんだことにより、スムーズかつよりきれいに、仕上げることができた。

最後に


とにかく、ガンダムマーカーの優秀さに感動!(笑)
ステッチ以外にも、少し色が剥げてしまったところにも、使った。
ガンプラ以外にも、色々な使い道があると思う。

「きれいにできないだろうなー」とか思いながら始めた作業であったが、かなり満足できる仕上がりとなった。

こんなことをしてると、安いブーツにも、愛着が湧いていく。
次は、どこを弄ろうかな…(笑)