1年間履いた合皮のブーツの状態

ファッション

去年、ファッションメーカーの安価な合皮ブーツを買った。
そんなブーツを、1年通して履いた状態を、紹介したいと思う。

“味”とは無縁の、劣化しかしない合皮の状態は。

レイジブルー 8ホールブール


去年の1月に買った、ブーツ。
こちらは、買ってすぐに撮った写真。
商品レビューは、”マーチンもどき”タグから、どうぞ。
レビューを書いたのは、去年の1月7日。

リーズナブルなファッションメーカーの靴を買うのは初めてだし、合皮の靴を履くのは初めてかもしれない。
「大丈夫か!?」てな感じで買ったものの、これが意外と履きやすく、なんだかんだ1年間履いていた。
とは言っても、合皮。
合皮は履き続けても、味が出てこない。
劣化するだけだ。

そんなブーツの1年後がこちら。

購入から1年経過


1年後の状態がこちら。
夏も履いていたので、1年間履いたと言っていいだろう。

合皮って、すぐダメになるイメージだったが、それなりにきれいな状態を保っている。
中学生か高校生の頃、合皮のライダースを着ていて、すぐに生地がひび割れて、剥がれてきたりして。
合皮自体の品質が上がっていると言える。

安いのをいいことに、弄ったところもあったり。

自分で塗ったステッチ


ステッチの黄色すぎる色が気に入らず、自分で塗ってしまった。
「安いし、いいか!」みたいな感じで(笑)

布で擦ったりすると多少落ちてしまうものの、この状態を保っている。
もちろん、再塗装していない。

自分で塗装したステッチより、元から塗装されている部分の塗装が落ちてきている。

靴紐はヘアゴム


そして、靴紐は紐でなく、ヘアゴム。
キャンドゥで買った、太めのやつ。

半年以上使っているのに、このヘアゴムは切れることも伸びることもない。

キャンドゥのヘアゴムの、品質の良さが証明された時です(笑)
こんなこともあり、最近は、100均の中ではキャンドゥが好きです。

ソールが剥がれる

買ってから数か月、着用回数10にも満たない時点で、ソールが少し剥がれ始めた。
安価であるから、仕方がない。

自分で一度接着すると、その後は、何もなかったかのように履けている。
自分で直せるのなら、何も問題ないが、作りが良いとは言えない。

最後に

今年1年履いたら、どうなるかな。
踵のソールは保護してるから、全然減ってない。
合皮がどれだけ持つかだ。

去年のレビューを読み返すと、「マーチン欲しいな」なんて書いてた。
今はなんかこれで、お腹いっぱいな感じ(笑)

僕はやっぱり、中学生の頃から履いている、コンバースのオールスターが好き。
コンバースと言えば、塗装したヤツがある。
詳しくは過去記事から。
再塗装を考えつつも、まだできていない。
いずれ、記事にしたいと思っている。

スポンサーリンク

?