SNSがある時代の個人サイトの必要性―ブログはなくなる?

インターネット

ツイッターにインスタ、ユーチューブ。
多くのSNSがある時代。

昔、個人サイトを持ってた。
思い出すと「またやりたいな」とは思うものの…

今の時代の個人サイトの必要性とは。

個人サイトの時代

何度か書いてますが、僕は個人サイトを管理してた。


思い出すと、懐かしくなり、「またやりたいなー」なんて思う訳です。
でも、それはそれ。
ただの思い出。

作ったとしても、昔のように人には見てもらいえない。
需要がない。
時代は変わった。
昔は友達とのコミュニケーションの場に使っていたが、今はそんなものはLINEのグループで済んでしまう。

僕のサイト管理はブログへと移ったが、「ブログはどうなるの?」っていう話になる。

ブログはなくなる?

情報の発信には、動画が多用される時代。
例を挙げれば、料理のレシピなんかも、手元を映した動画が人気ですね。

そこで、「ブログの時代は終わるのではないか」と。
個人サイトのように。
確かに考えられることである。
動画の時代になると。

勢いは、なくなりつつあるのでしょう。
しかし、“ググる”人がいる限る、需要はあるはず。
文章を発信するツールとしては、どのSNSよりも優れている。
ツイッターで発信するには、限度がありますし。
ブログでしかできないことがあるのだ。

あとは、個人であることを活かすことですね。
企業の真似事したって、敵いませんから。

僕は動画は、今の流行りなだけなんじゃないかと。
ユーチューバーが、ドンっと出てきたりで。
今がピークなのだと思います。

しばらく、今がこのまま続くのか、また新たな何かが生まれるのか。

最後に

僕は、文章を書き続けます。
学生の頃、教授に「お前の文章はおかしい」と、散々しごかれた文章を。
見捨てずに、熱心に指導してくれたんです。
文章を書くのをやめてしまうと、あの時、いじめられた意味がなくなってしまうのでね(笑)

個人ブログを書くくらいなら、少しくらいおかしいっていうか、クセとか個性があったほうがいいと思うけどね。
プロではない、素人の個人なのだと!(笑)

動画の時代になっても、ブログはブログ。
ユーチューブは見る分には楽しいですけどね。
自分で何か発信するとなると、敷居が高いですね。

スポンサーリンク

?