キッチンバサミでデニムの裾上げしてみた!切りっぱなし

ファッション

お金も時間もかけずに、パパっと裾上げ!

裁縫道具なんて何も持ってません。
もちろん、裁ちばさみも。

家にあるものだけで、切りっぱなし加工の裾上げをしました。

ユニクロ ミラクルエアースキニーフィットジーンズ

今回、自分で裾上げすることにしたデニムがこちら。

ユニクロです。
商品名は確か、ミラクルエアースキニーフィットジーンズ
購入したのは、2年も3年も前です。

たくさん穿いたので、色も落ちて、生地は伸びてしまい。
ウエストも緩いです。
そのため、家で穿く用のパンツです。

ミラクルエアーなので、履き心地がとても軽い!
通気性が良く、夏にぴったり。
家の中で穿くことにも、適していると思います。
ここ数ヶ月は、お家の中で活躍してます。

裾上げするための道具がない!

家の中なので、見た目は気にせずに、裾を折って穿いてました。
この裾が少し鬱陶しく感じちゃいまして。

裾上げしましょう。
ユニクロのパンツなので、店舗に行けば、裾上げしてもらえるのですが。
わざわざ行くのは面倒です。

リメイクには時間もお金もかけたくない!
ケチだし、何より、面倒くさがり。
ある物で、パパっとやってしまいます。
スニーカーも塗装しました。
ペン一本でスニーカーを塗装する!コンバースを真っ黒に!
ダイソーのラッカースプレーでスニーカーを塗装!コンバースの色を変える
今回も同様に、ある物だけで、パパっとやってしまおうと言うわけです。

ちなみに、裾上げするための、裁縫道具なんて物はありません。
実家に、小学生の頃の製法セットがあるか…。

キッチンバサミで裾上げ!

使用するものは、こちら。

キッチンバサミ、油性ペン、紙やすり。
キッチンバサミは、裁ちばさみの代用。
油性ペンは、チャコペン。
紙やすりは、切りっぱなし加工の仕上げに。
以上です。

作業開始

せっかくなので、自分で塗装したスニーカーに合わせて、裾を切ろうと思います。

これくらいですかね。

折り目に、油性ペンで線を書きます。

切り取り線みたいに書きましたが、テキトーです。
あとは、切るだけ。

最後に仕上げ。

仕上げ

ただ、切っただけだと、こんな状態。

味気ないと言うか、ただ切っただけといった感じ。

切りっぱなし加工っぽくするために、紙やすりを使います。

僕は、粗めの物を使いました。
これを切り口に軽く。

軽く擦るだけで、糸が出てきます。
これを切るか、少し残しておくかは、お好みで。

最初は少し残しておいたんですが、今は全て切りました。

完成

と言うわけで、完成です!

よく見れば雑なんですが、悪くはないでしょう。

数回穿いて、2回洗濯した後の状態。

きれいに糸を切ると、洗濯後に糸がほつれてきました。
少し残しておくくらいが、いいのかもしれません。

最後に

僕としては成功ですが、どうなんでしょうね。
おすすめはしませんが、出来は悪くはないと思ってます。

裾上げしてから、外で穿くのもアリだなと!
塗装したコンバースと合わせて、自分だけのリメイクファッションみたいな感じに。
膝が薄くなってきてるので、ダメージを入れてもいいですね。

スポンサーリンク

?