「裁ほう上手」と「ほつれ止め ピケ」でデニムの裾上げ!

ファッション

切りっぱなし(カットオフ)で挑戦。

結果としては、どちらも使いやすく、優秀な商品!
洗濯しても落ちないところがポイント。

満足のいく仕上がりとなりました。

裾上げするデニム

今回、裾上げするデニムはこちら。
ZOZOUSEDで失敗!新品の写真だけのデニムを買った結果…
裾上げされたデニムが届いて、びっくり。
しかも、その裾上げが、雑なカットオフ。

切りっぱなしのデザインは好きですが、それにしても、雑過ぎると言うのか…。

自分で、きれいなカットオフデニムにすることに。

使用するもの

使用するのは、タイトルにあるとおり、こちら。

コニシの裁ほう上手と、KAWAGUCHIのほつれ止めピケという商品。
裁ほう上手は、有名ですね。
「いつか使おう」と、目を付けていた商品。
ほつれ止めは、僕の「こんなの欲しかった!」っていう商品。
カットオフにすると、どんどんほつれていきますからね。
これを防ぐための商品。
洗濯OKなのがポイント。

どちらも、かなり使いやすく、いい商品でした。

カット

裾を切っていきます。
小学生の頃、家庭科で習ったように、やっていきたいところですが…。
裁縫道具がない。
前と同じように、やっていきます。
キッチンバサミでデニムの裾上げしてみた!切りっぱなし

前よりは、丁寧に。
まち針の代用?として、洗濯ばさみを使って固定。
カットには、ものさしを仕様。

我流で、やり終えました。

裁ほう上手を使う

裁ほう上手は、どこに使うかと言うと…。

ここ!
切ると、ぴらぴらしてしまうので。
付属のへらで塗っていきます。
このへらが、またちょうど良くて使いやすい!

しっかり、くっつきました。
裁ほう上手、すごいな!

アイロンを使えば、さらにしっかりとくっつくようです。
使わなくても、十分な感じもしますが。
僕は、裁縫道具もなければ、アイロンもないので。

ヘアアイロンで、やっちゃいました。
何も問題ありませんでしたが、マネはしないほうがいいでしょう。

ほつれ止めピケを使う

最後に、カット部分に、ほつれ止めピケを塗っていきます。
説明には、キッチンペーパーなどを敷くといいと書いてあります。

最初はこれでやってましたが、結局何も敷かずに、ポンポンポンポンやっちゃいました。

先端が、細くなってるので使いやすい。

切り口全体を塗ってからは、糸が出てる部分だけに塗っていく。
乾燥させてから、もう一度糸を引っ張って、ほつれるようであれば、また塗っていく。
これを3回繰り返しました。

少し塗り過ぎたのか、切り口が少し硬くなりました。
がちがちではないので、僕は全然気になりません。

完成

糸が出過ぎなので、少し切って、完成!

かなり満足のいく仕上がり。

裁ほう上手と、ほつれ止めピケの力ですね。
今回くらいの使用であれば、量は全然減らないので、あと何回でも使えそう。
コスパにも優れてます。

コニシ ボンド 裁ほう上手 45g #05371
KAWAGUCHI ピケ ほつれ止め 33ml 11-240 透明

最後に

2つの道具が優れてたので、楽しく作業できた。
もう一本ジーンズをやって、またやりたいと思ってるくらい。

ワッペンを貼ることもできるし、ダメージ加工に加えてリペア加工もできますね。
この2つを使って、色々とやろうと思ってるので、また記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

?